【マイクラ1.13対応】マイクラデータをobj形式に簡単に変換する

Minewaysとは?

この記事のタイトル通り、マインクラフトのデータを3Dソフト(Blender)で使える形式に変換するソフトです。
類似ソフトでJmc2objなんていうのもあり、そちらのほうが出力精度が高いといわれています(検証したことはありません。Minewaysだと出力が変というのは今までになかったので、今はMinewaysの精度が高くなっているのかもしれません)が、もう更新は止まってしまっているみたいです。
なので今回はMinewaysを使って出力していきたいと思います。

Minewaysのインストール

Minewaysはインストーラがついていないので、zip解凍したら、すぐに使えます。

http://www.realtimerendering.com/erich/minecraft/public/mineways/ を開きます。
左のほうにある「Download Mineways 6.08 for Windows」をクリックし、ファイルをダウンロードします。

作業フォルダの作成

マイクラのアニメーション用のフォルダを作成します。
デスクトップなどに適当に放っておくと、後々面倒なことになります。

通常は「ドキュメント」フォルダ等に作成するのですが、今回はわかりやすいように「デスクトップ」フォルダに作成します。
あなたの環境に合わせて、Cドライブ直下に作成したりしてもいいです。
基本的にどこに作成しても大丈夫です。

デスクトップで「マイクラアニメ」フォルダーを作成し、そのフォルダ内にダウンロードしたMinewaysのzipファイルを解凍します。
そうすると、次のようなディレクトリ構造になると思います。
(デスクトップ)->マイクラアニメ->mineways->Mineways.exeなど…

これでインストールは完了です。

ワールドの出力

次にいよいよobj形式としてワールドを出力します。

アニメーション用のワールドをすでに作成している前提で進めていきます。

先ほどMinewaysを解凍したフォルダに移動し、Mineways.exeをクリックして起動します。(32ビットPCならMineways32.exe[だと思います])

ワールドの読み込み

起動するとこのような画面が出ると思います。
上部メニューの「File」->「Open World」から「アニメーション用のワールド名」を選択します。
見つからない場合は、「File」->「Open…」をクリックし、ワールドの「level.dat」を選択します。

うまくいけば、ウィンドウがカラフルになります。
灰色の部分は、まだワールドが生成されていない場所です。
灰色の部分も出力したい場合は、マイクラを起動し、周辺に移動することでチャンクが生成され、出力可能になります。

操作は、
「左クリック」しながら「移動」
「右クリック」しながら「範囲選択」
です。
今回は例として下画像の村を出力したいと思います。

まず、「移動」し、出力したいところを見つけます。
そしたら、「範囲選択」で、出力範囲を選択します。

範囲が狭いほうがデータが軽くなり処理も早くなるのですが、奥行きがなくなり、まるで周辺数チャンクしか読み込めていないようなCGになってしまいます。
広すぎても処理が追い付かなくなるので、そこは自分のPCに合わせて加減してください。
選択できたら、次に出力するY軸の範囲を調整します。
上にある「Max」「Lower」を調整します。
「Max」が一番上、「Lower」が一番下です。
範囲が狭いほうがデータが軽くなります。
地下の洞窟なども出力したい人は「Lower」を「0」にします。
大体、全体が同じピンク色の濃さになるぐらいに調整します。
上の画像の場合、まだ選択範囲の左下の池のところが濃いので、調整しないといけません。

ワールドの出力

いよいよワールドを出力していきます。
「File」->「Export for Rendering」をクリックします。

作成したフォルダ(筆者の場合、[デスクトップ]->マイクラアニメ)に移動し、新たなフォルダを作成します。
フォルダ名は、今後作るほかのアニメーションと区別がつくようにわかりやすい名前にしましょう。
今回は「Village」とします。
その中に「Map.obj」としてワールドデータを設定してください。
「保存」をクリックすると、下画像のようなウィンドウが新たに表示されます。
英語だらけ( ゚Д゚)
でも安心してください、はいてますよ
すべての項目を設定するわけではないので、簡単にできます。
関係ない項目については飛ばしていきます。

World coorinates selection

これは出力する範囲を表しています。
「範囲選択」で選択済みなので、変更しません。

Create block faces at the borders

これは選択した範囲の外側のブロックの側面を出力するかの設定です。
チェックすれば、外側のブロックの側面も出力されます。
よほどの理由がない限り、チェックしなくていいでしょう。

ほかのオプションについて気になる方は、Minewaysのマニュアルを読んでください。

設定できたら「OK」をクリックし、データを出力します。
これでobj形式への変換ができました。
お疲れさまでした!

コメント

このブログの人気の投稿

【丁寧に解説】「無料」でプロ並みのマイクラアニメを作るには?

【GeForceGPU搭載PC専用】軽量なShadowPlayで録画をする方法