【簡単に設定】どのPCでも使えるOBS Studioでの録画方法を紹介!!

OBS Studioの特徴

OBSはWindows・Mac・LinuxのどのOSでも使える配信・録画をするソフトウェアです。
ほかのソフトに比べてたくさんの機能があり、自分のPCにあった設定で、そして高画質に録画や配信ができます。
筆者は主に配信に使っていました。

OBS Studioのインストール

https://obsproject.com/downloadを開き、下にあるDownload Installerをクリックしてダウンロードしてください。

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして、インストールを開始してください。
[Next >] → 規約を読んで[I Agree] → [Next >] → [Install]
で進めばインストールが開始されます。
インストールが終了したら、[Launch OSB Studio (バージョン)]にチェックを入れて、起動してください。

OBS Studioの設定

次に録画するための設定をします。

右下あたりにある[設定]をクリックしてください。

一般タブ

[テーマ] 好きなテーマを選びましょう。

配信タブ

配信するわけではないので、飛ばしてください。

出力タブ

[詳細]は難しいので、[出力モード]は[基本]にして解説します。
[録画ファイルのパス]:問題なければそのままでokです。
容量があまりないなら、ほかのドライブを選択してください。
[録画品質]:基本的にこのままでokです。
スペックに余裕があるのなら、もう少し上げてもいいかもしれません。
[録画フォーマット]:[mp4]にしてください。
mp4は主流でいろいろと扱いやすいです。
[エンコーダ]:デフォルトの[ソフトウェア(x264)]でいいです。
[ハードウェア(NVENC)]がある人はそれを選んでください。

音声タブ

設定する項目がないので、飛ばしてください。
複数個マイクなどがあれば設定してください。
まぁほとんどそんなことはないとは思いますが。

映像タブ

基本(キャンバス)解像度
出力(スケーリング)解像度
:両方とも同じ設定にすることを推奨します。
PCのスペックが低い場合は、PCの解像度より下げてください。
縮小フィルタ:そのままでokです
FPS 共通値:フレームレートについてはhttps://blogger.novablog.work/2019/08/videoedit-gamedvr.html#toc_headline_2で解説しています。

ホットキータブ

設定したい人は設定してください。
ちなみに筆者は記憶力がないので、設定していません。

詳細設定タブ

そのままでokです

設定が完了したら[OK]を押して、設定を保存してください。

録画の開始

既にOBS Studioの中央に画面が表示されていると思います。
表示されていない人は、次の章の作業を行ってください。

「これじゃ画面全体が録画されるから、変な画面とか横に出てきて編集面倒そう」という人は、特定のウィンドウ(ゲーム)だけ録画する方法があるので、以下の作業をしてください。
OBS Studio画面内の「ソース」の「画面キャプチャ」を選択して、下にある「ー」ボタンをクリックして削除してください。

そして、左にある「+」をクリックして、「ゲームキャプチャ」を選択してください。
(「フルスクリーンアプリケーションをキャプチャ」はうまく撮影できなかったので、おすすめしません)
「モード」から「特定のウィンドウをキャプチャ」を選択してください。
そして、「ウィンドウ」から録画したいゲームのウィンドウを選択してください。
「ウィンドウの一致優先順位」は、自分がそうしたいと思うものを選択してください。
これはその指定したウィンドウがないときにどう処理するかを選択するものです。

設定できたら「OK」を押して、完了してください。

声のみを加工したい、または声を入れない人は[マイク]のスピーカーマークをクリックして、✕にしてください。
声を動画と一緒に入れる人は、そのままにしておいてください。
全ての設定が完了したら、「録画開始」をクリックして、録画を始めてください。
声のみを加工する人はこの枠内の作業をしてください。

Windows10では「ボイスレコーダー」、Windows 8.1以前は「サウンドレコーダー」を開いてください。

「OBS Studio」で録画するのとできるだけ同じタイミングで録音を始めてください。

※ズレは編集で直すので、気にしなくても大丈夫です
※ズレを調整する時にわかりやすいように、動画の初めのほう(カットする部分)で特定の動作をしたときに適当な声を出すようにするといいかもしれません。(例:あるボタンを押すと同時に「ボタン」と話す)

OBS Studioに画面が表示されないときは?

これはOBS StudioがNvidiaのGPUで処理されているのに対し、画面が内蔵GPUで処理されているのが原因です。
殆どはゲーミングノートpcで起こります。
なので、OBS Studioの処理を内蔵GPUに変更します。

デスクトップで右クリックし、メニューから[NVIDIA コントロールパネル]を選択します。
[3D設定の管理]を選択し、[プログラム設定]タブを開きます。
[1.カスタマイズするプログラムを選択する]で、[Open Broadcaster Software(obs〇〇.exe)]を選択します。
ない場合は、[追加]から選択してください。
[2.このプログラム用の優先するグラフィックス プロセッサを選択する]から[統合型グラフィックス]を選択します。
[適用]を押して保存します。

もう一度OBS Studioを開いて表示されていれば完了です!

作業フォルダの作成

録画データを作業フォルダに移します。
これはGameDVRで録画するときとほぼ同じ作業です。
なので、 こちら を参考にしてください。

コメント

このブログの人気の投稿

【丁寧に解説】「無料」でプロ並みのマイクラアニメを作るには?

【マイクラ1.13対応】マイクラデータをobj形式に簡単に変換する

【GeForceGPU搭載PC専用】軽量なShadowPlayで録画をする方法